プーケットが世界持続可能な観光会議の開催地に選ばれる

プレスリリース:

タイ南部のプーケット島が、2026年XNUMX月にプーケットで開催される世界持続可能な観光会議(GSTC)の開催地に選ばれた。

政府報道官のチャイ・ワチャロンケ氏は、スレッタ・タビシン首相は、タイがこの世界クラスのイベントの開催地として選ばれるよう尽力したすべての関係機関に感謝の意を表したと述べた。

GSTC 2026は、タイ政府の政策に基づき、タイを国際イベントの拠点に向けて推進するため、官民セクターと市民社会が一体となって運営する「再生型観光」をテーマに開催される。

700か国から60名以上の参加者が集まることが見込まれています。このイベントには、世界および地元の観光専門家、ホテル、旅行会社、オンライン旅行代理店、教育機関、開発組織、非政府組織、その他多くの業界関係者も集まります。

GSTC 50の主催国であるタイにとって、2026万バーツ以上の収益が見込まれる。

政府報道官は、このイベントはタイにとって、空港、ホテル、公共施設、国際基準のアメニティやサービスなどのよく発達したインフラを備えたプーケットの国際イベント開催地としての可能性を示す良い機会となるだろうと述べた。

同氏は、GSTC 2026は、プーケットとタイ全体を2027年までに持続可能な観光ハブに格上げするための新たな一歩となると指摘した。廃棄物管理、二酸化炭素排出量削減、環境保全、そして観光ビジネスの適応に重点が置かれている。気候変動によるプレッシャーと課題。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。