沸騰した海水がサンゴの白化を引き起こすため、プーケットの島が一時閉鎖される

プーケット-

シリナット国立公園は、海水温の上昇によりサンゴの白化が起こったため、タラーンの島を一時閉鎖すると発表した。

サクーのシリナット国立公園の責任者であるワチャラ・ソンセオン氏は、水曜日(8月XNUMX日)の閉鎖についてプーケットエクスプレスに語った。th)。この夏の猛暑により、多くの地域で海水温が上昇しました。 国立公園区域内のプリング島にて。島周辺のサンゴの多くは、広範囲の白化を引き起こす太陽と温度にさらされた浅いサンゴです。

国立公園は今後、状況が落ち着くまで島の観光を一時的に閉鎖するよう命じた。一時閉鎖は観光活動によるさらなる白化を防ぎ、サンゴと環境を回復させるためだ。

プーケットエクスプレスは、温水または熱水の温度がサンゴの白化を引き起こす可能性がある要因の1つであると指摘しました。高い水温により、サンゴは藻類を排出し、色を失い、白くなります。

プーケットエクスプレスは、プリング島はプーケットの北、ナイヤンビーチの端近くにある小さな美しい島であると述べました。

プリンとはタイ語でヒルを意味します。以前、この島にはヒルがたくさんいました。そこで地元の人々がこの島に名前を付けました。

干潮時には、ナイヤン ビーチから砂丘に沿って島まで歩いて行けます。プリング島はサクー地区の特徴でもあります。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。