カロンで狩猟中に男性が友人を動物と間違えて射殺

カロン~

カロンの森で友人と狩猟中に男性が射殺された。彼は友人をネズミジカと間違えたと主張した。

カロン警察署長クンデット・ナ・ノンカイ大佐は水曜日(8月XNUMX日)プーケットエクスプレスに次のように語った。th)彼らはカロンの自宅でチャナ・チョーラック氏(47歳)を逮捕した。同氏は、カロンビューポイント裏手のヤシ農園でナコーンシータマラート在住のハッサチャイ・カオケムさん(40)を射殺した事件の容疑者である。ハッサチャイ氏は日曜日の夜(5月XNUMX日)に死体で発見された。th).

チャナさんは警察に対し、土曜日の午前4時にハッサチャイさんと二人で狩りに行ったことを認めた。彼が丘の上にいたとき、丘の上に赤い目を見たとき、それはネズミジカのものだと思った。ハーシャチャイさんが「撃たれた」と叫ぶのを聞く前に、彼は発砲した。容疑者は駆け寄って助けようとしたが手遅れだった。チャナさんは怖くなって走って家に帰ったという。

警察は状況を捜査しており、本記事執筆時点でチャナさんはまだ拘留されている。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。