公衆衛生局、熱中症による死亡者数が増加、61人が死亡と発表

プレスリリース:

公衆衛生省は、熱中症による死亡者数が驚くほど増加しており、今年の死者数は61人で、昨年の37人から増加していると発表した。疾病管理省の副局長アピチャート・ヴァキラファン博士は、最も被害が大きかったのは北東部地域で33人が死亡し、次いで中部と西部地域で13人、北部で10人が続いたと報告した。

アピチャート博士は、全体的な状況に懸念を表明しながらも、多くの犠牲者には持病があり、定期的に飲酒し、屋外で働いていたと指摘した。

季節的な雨が降り始めているにもかかわらず、依然として気温が高い多くの地域では熱中症の危険性が依然として高い。熱中症は臓器不全や死亡などの重篤な合併症を引き起こす可能性があります。症状としては、皮膚が赤いにもかかわらず発汗不足、心拍数の上昇、頭痛、めまい、錯乱、意識喪失などが挙げられます。このような症状を示している人にとっては、医師の助けを求める前に、まず体を急速に冷やすことから始めて、即時の行動が重要です。

当局は国民に熱中症の予防策を講じるよう呼び掛けている。推奨事項には、午前 11 時から午後 3 時までの屋外活動を避けること、水分補給を続けること、カフェイン、アルコール、甘い飲み物を避けることが含まれます。屋外で作業する人には、ゆったりとした服を着て、頻繁に日陰で休憩することも強くお勧めします。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。