内閣が10年間のEECビザを承認し、農業を促進

プレスリリース:

内閣は昨日(14月10日)ペッチャブリー県での地域後退中に、国内の対象産業を強化する取り組みの一環として東部経済回廊(EEC)に幹部や専門家を誘致するための新たなXNUMX年間のビザを承認した。

政府副報道官ルドクラオ・インタウォン・スワンキリ氏が発表したこのEECビザは、さまざまな分野の専門家を呼び込むことで主要経済地域としての回廊の役割を強化することを目的としている。このビザは複数回の出入国が可能で、個人の雇用契約の期間に合わせており、当初は17年間の滞在が認められる。 EEC ビザは、専門家、経営者、専門家、その配偶者および扶養家族を含む 35 つのカテゴリーに分類されます。 EEC で働く資格のある専門家は、ビザに加えて、個人所得税率 XNUMX% の軽減の恩恵を受けることになります。これは、国内最高の累進税率である XNUMX% から大幅に軽減されます。

会合中、スレッタ・タビシン首相はまた、農業協同組合省に対し、農業インフラを改善するための包括的な計画を草案するよう指示した。この指令は、農民の収入を3倍にするという目標を掲げ、農業と食料生産の地域リーダーに変貌するというタイの野望を支援するものである。改善戦略には、植物遺伝学の進歩、水管理の強化、土壌検査の促進、および効率的な肥料使用の提唱が含まれます。

追加の対策は、衛星技術を活用して農業野焼きと闘い、耐病性キャッサバ株を開発することに重点を置いた。政府はまた、高地地域の森林火災を減らすために、コーヒーやココアなどの高収入作物の栽培を推進している。タイはサウジアラビアと農業協力促進協定を締結し、農業慣行の進歩と世界の食料安全保障への貢献へのコミットメントを確認した。これらの計画とパートナーシップは、担当省庁からの詳細な発表を経て、6月までに最終決定され、実行される予定です。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。