タイの大麻擁護団体、公衆衛生大臣に大麻犯罪化の再検討を要請

全国-

16年2024月XNUMX日、タイ大麻の未来を形作るネットワークの事務局長プラシッチャイ・ヌヌアル氏とさまざまな分野の代表者が、タイのソムサック・テプスーティン公衆衛生大臣に大麻の犯罪化の再検討を求める書簡を提出した。

タイ国営メディアによると、この書簡は、大麻を麻薬性違法薬物に再分類するか、大麻規制法案を制定するかについての審議を行うよう保健省に提案されたものである。

さらに、マリファナ擁護団体はタイ公衆衛生省に対し、大麻、アルコール飲料、タバコの長所と短所を比較した統計的かつ科学的事実に基づく情報を公開し、意見を聞いて情報を徹底的に要約する公平な国民から選ばれた委員会を設置するよう提案した。タイ国営メディアが報じた。

TPNは、大麻の使用を犯罪化し制限するというタイ首相の提案に関する全容を報道し、大麻支持者の間で懸念を引き起こした。

公衆衛生大臣は、普遍的な基準に従って、医療、健康、経済的価値のために大麻を使用することに同意したことを公に明らかにしました。ソムサック氏は、大麻は医療目的のみに使用されるべきであり、2022年に初めて合法化されて以来、娯楽目的での使用を認めたことは一度もなかったと述べた。

一方、タイ通信によると、事業者から大麻使用者までの大麻擁護団体は、チェンマイ、プーケット、チョンブリー、ブリーラムを含むさまざまな県の公衆衛生局に対し、大麻を麻薬として再リストすることを再検討するようタイのスレッタ・タビシン首相に書簡を提出した。全国メディア。

タイ国営メディアの報道によると、大麻擁護団体はタイ政府に対し、大麻法案を起草し、合法大麻を規制する主要機関として大麻局を設立し、全国で統一基準を設けるよう提案した。

さらに、各グループは、大麻使用の利点と、国に巨額の収入を生み出す経済におけるその価値に関する科学的調査研究も発表しました。タイ国営メディアによると、団体はタイ政府に対し、大麻を違法麻薬として再登録することを決定する前に、その情報を熟慮するよう求めた。

彼らはまた、公的住民投票の可能性や、プーケットやパタヤなどの個別の地域が大麻を全体的に合法とするかどうか決定できるようにする可能性も示唆した。

この記事はもともと姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されたものです。

登録する
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。