プーケット大麻協会、大麻の再犯罪化を求めて抗議活動

プーケット-

プーケット大麻協会の運営者らはプーケットタウンのプーケット県保健事務所に集まり、タイ政府が大麻を違法麻薬として再リストしないよう求めていることを示した タイ首相が提案したもので、一般消費者の所持と使用を実質的に禁止するものです。

私たちの以前の話:

以前、タイのスレッタ・タビシン首相は麻薬問題に言及し、大麻をタイプ5麻薬違法薬物に再分類することを主張した。

この声明に対し、副首相兼内務大臣のアヌティン・チャーンヴィラクル氏は意見を表明し、この問題に対する懸念を表明した。

タイ大麻の未来を形作るネットワークの事務局長プラシッチャイ・ヌヌアル氏は、大麻を第5種麻薬に再分類する提案に関するタイ首相の声明に答えた。

さて、アップデートのために:

木曜日(16月XNUMX日)th)「大麻を麻薬にしてはいけない」と書かれた紙を持った50人以上がイベントに集まった。彼らを率いていたのはアサデット・ノンサン氏だった。プーケット県副局長のソムスク・ソンプラティープ氏に正式な書簡が手渡され、大麻を麻薬リストから除外し、代わりにハーブとして大麻を規制する大麻法を推進するというメッセージが書かれた。

アサデット氏はプーケット・エクスプレスに対し、「タイのスレッタ・タビシン首相が大麻をタイプ5麻薬違法薬物に再分類することを主張したことを受けて、大麻事業者は懸念している」と語った。この計画が進めば国は100億バーツ以上を失い、数千の企業と数万人の人々が職を失うだろうと我々は推定している。これは国全体の雇用と所得に影響を与えるだろう。私たちは数年間議論されてきた麻と大麻法の最終決定を待っていましたが、今政府は突然、大麻を麻薬リストに戻し、再び違法とし、一夜にして何百万人もの人々を犯罪者にすると発表しました。私たちは後退するのではなく、前進し続ける必要があります。タイ全土の大麻ビジネスは、この提案に平和的に抗議し、より合理的な妥協策を見つけるために全力を尽くすだろう。」

一方、プーケット県副局長のソムスク氏はプーケット・エクスプレスに対し、「プーケットには少なくとも1,500人の大麻業者がおり、彼らは大麻が再び違法になることに抗議するために協力すると表明している」と語った。私たちは公衆衛生省に書簡を送り、国民の声を確実に聞いてもらうつもりです。」

プーケットエクスプレス この抗議活動は、大麻を麻薬として再リストすることに団結し続けているタイ全土の大麻事業者による全国的な抗議活動の一環であると指摘している。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。