プーケット旧市街に無料のEVスマートバスが運行開始

プーケット-

17月XNUMX日(金)より無料EVバス運行開始th)試行期間中のプーケットオールドタウンルートで。

プーケット市開発(PKCD)会社は、無料プーケットスマートEVバスサービスの初日の結果を発表した。 EVバスは、「ドラゴンライン」と呼ばれるプーケット旧市街のルートに沿って、毎日午前11時から午後00時まで運行しています。

バスは 15 分~30 分ごとに停留所に到着します。バスは最初にライムライト アベニュー (ディブク ロード) の向かい側で停車し、その後 CIMB 銀行 – パンガー ロードのプーケット バス ターミナル 1) – ロイヤル プーケット シティ ホテル – パール ホテルの向かい – プーケット フレッシュ マーケット 1 (カセット マーケット) – オフィス メイトと進みます。 – コアンシーフードレストラン – レッドプラザ – コーヒートーク(SCB銀行の隣) – プーケットタイフア博物館 – クルンタイ銀行の向かい – イスラム銀行 – モンコルニミット寺院 – そしてライムライトアベニューに戻ります。

PKCDは、ドラゴンラインでの無料のプーケットスマートバスEVは試験期間中であり、汚染と交通の削減を目的としていると指摘した。

このバスの運行は、以前はライセンスの問題により9月XNUMX日から延期されていたが、現在は解決されている。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。