NIDA世論調査:タイ人の大多数が大麻を麻薬として再分類することを支持。公共の場ではレクリエーションよりも医療用途が支持される

全国-

19年2024月14日、タイ初の調査センターであるNIDA世論調査は、大麻を違法麻薬として再分類する提案について、15月1,310日からXNUMX日にかけてXNUMX人を対象とした調査結果を公表した。

NIDAによると、データはタイ全土のさまざまな職業や収入を持つ1,310歳以上の15人から収集されたという。調査は電話インタビューによる多段階抽出法により実施した。信頼値は 97% であると報告されました。 調査員による結果は正確です。

に関する世論調査によると、 考えると 大麻は麻薬である、回答者の 53.74% が同意したが、医療的および経済的利点もあると述べた, 33.59%が同意し、大麻にはメリットがないと回答し、11.60%が同意せず、1.07%が確信が持てないと回答した。

政府の大麻政策に対する世論については、回答者の74.58%が大麻は医療目的および治療目的のみにすべきであると回答した, 19.39%が政府は大麻や大麻製品を支援するいかなる政策も実施すべきではないと回答し、10.53%が合法大麻製品を支援すべきだと考えており、7.40%が一般大衆の所得向上のため、3.21%がレクリエーション目的の支援のため、0.99%が確信が持てない、または不明であると答えた。答えなかった。

大麻を麻薬として再分類する問題については、回答者の 60.38% が強く同意, 「やや同意」15.27%、「強く同意」14.50%、「やや同意」8.93%、「わからない」または「無回答」0.92%。

大麻が違法麻薬に再分類された場合の大麻農家や企業への補償について、回答者の46.95%が政府は誰に対しても補償すべきではないと考えている, 35.03%は政府は大麻農家と大麻企業の両方に補償すべきだと考えており、10.08%は農家のみが補償されるべきだとし、2.06%は大麻ビジネスのみが補償されるべきだと考えており、5.88%は不明または無回答であった。

最後に、 大麻の経験については、回答者の 68.93% が大麻の経験がないと回答し、31.07% が何らかの経験があると回答しました。
大麻使用経験者(回答者 407 名)のうち、52.58% が食べ物や飲み物に使用したことがあり、34.64% が喫煙または摂取したことがあり、22.36% が医療目的で使用したことがあり、15.97% が大麻を栽培したことがあり、0.98% が商業用に使用した経験がある。大麻製品の加工と取引。

この世論調査は議論の高まりを受けて行われた 私たちがここなどで広く報じてきたように、大麻を違法麻薬として再分類する提案をめぐって、タイ政府と大麻支持団体との間で争われている。

大麻推進団体 彼らはすでにこの提案に抗議しており、法的脅迫と正式な書簡をタイ政府に届けている。、厳しい政府規制により医療用途を除いてタイで大麻を基本的に再犯罪化し、家庭での少量栽培を廃止し、たとえ少量でも高額の罰金や長期の懲役刑に直面する可能性があるという提案に抗議している。マリファナの。

タイで大麻をどうするかについての議論は、大麻が非犯罪化されてから2年間にわたり、両陣営が正反対の意見を持ち続けているが、反対派は業界を規制する法律の完成に向けて奮闘しており、大麻は法的なグレーゾーンのままとなっている。今日まで。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。