プーケット空港が大規模拡張へ

プレスリリース:

プーケット空港は新しい国際線ターミナルの建設による大規模な拡張が予定されており、その収容能力は年間12.5万人から18万人に増加すると予測されています。空港局長のモンチャイ・タノッド氏は、新ターミナルの設計段階が進行中で、今年完成予定であることを認めた。

拡張の必要性は、空港の現在の交通量が新型コロナウイルス感染症以前のレベルとほぼ一致していることによって促進されている。先月、プーケット空港は 19 日あたり約 16,000 人の国内線旅客を扱い、パンデミック前の国内線旅客数の 90% を占めました。国際交通量はすでに以前の水準を上回り、22,000日平均発着回数は7万2019回で、XNUMX年よりXNUMX%増加している。

モンチャイ氏は、今年の乗客数は2019年の合計18万人に達するか、それを超えるだろうと予想している。新しいターミナルは、2026 年に建設が開始され、XNUMX 年以内に完成する予定で、国際線の処理能力と効率を向上させるように設計されています。

新しいターミナルに加えて、水上飛行機専用ターミナルの計画も行われており、これは空港施設を拡張し近代化する広範な構想の一環です。タイ空港 (AOT) は、この開発に 6 億バーツの予算を割り当てました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。