タイが『ジュラシック・ワールド4』の舞台に

プレスリリース:

タイは、世界的に有名なジュラシック パーク シリーズの最新続編である「ジュラシック ワールド 4」の背景として選ばれました。観光省のジャトゥロン・パクディーワニット局長によると、映画の製作は13月16日からXNUMX月XNUMX日までバンコク、クラビ、トラン、パンガー、プーケット、チェンマイなど複数の場所で行われるという。

ジャトゥロン氏は、この映画プロジェクトが機材レンタル、宿泊施設、会場レンタル、交通、新型コロナウイルス感染症の安全対策、ケータリングサービスに関連するビジネスを支援し、推定650億19万バーツを国の経済に注入する見込みであると指摘した。

ハリウッドのスタッフは、国内に20億バーツ以上を投資した国際的な作品に100%のリベートを与える政府の外国映画奨励プログラムも利用している。

有名な撮影場所の 1 つは、クラビ県のカオパノム ベンチャ国立公園内にあるフアイトゥ滝です。制作チームは少なくとも1週間はそこで撮影する予定だ。国立公園当局は現在、撮影期間を通じて制作がスムーズかつ効率的に進むよう準備を進めている。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。