政府、タイを熟練外国人労働者の拠点に変える

プレスリリース:

政府は、タイを熟練外国人労働者の拠点に変え、経済競争力を強化し、持続的な成長を確保するための戦略計画を開始した。スレッタ・タビシン首相が主導するこの取り組みは、世界的な人材を惹きつけるためのいくつかの新しいビザカテゴリーの導入につながる。

投資委員会(BOI)の公式データによると、タイは投資促進プロジェクトに従事する56,000人以上の外国人専門家に就労ビザと労働許可証を発行している。さらに、長期居住者 (LTR) ビザ プログラムには現在、米国、ロシア、英国、中国、ドイツ、日本、フランスなど、さまざまな国からの 4,000 人を超える保有者がいます。この特定の種類のビザは、専門家、在宅勤務者、裕福な個人、同伴者がいる退職者向けに設計されており、XNUMX年間の居住、専門家に対する大幅な減税、入国審査の頻度の軽減などの特典が提供されています。

政府報道官のチャイ・ワチャロンケ氏は、現在スマートビザを取得している人は2,170人で、主に米国、ロシア、英国、日本、ドイツから主要分野の熟練した専門家、投資家、起業家を惹きつけていると明らかにした。

チャイ氏によると、今月開始予定の次期「デスティネーション・タイランド・ビザ」(DTV)によっても、デジタルスキルを持つさらに多くの外国人が集まり、専門職の目的地としてのタイの魅力がさらに高まることが期待されているという。

外国人材の到着と統合を促進するために、BOIは入国管理局や労働省と協力して、外国人専門家や投資家の行政手続きを簡素化するワンスタートワンストップ投資センター(OSOS)を設立しました。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。