外国人がタラーンの漁網からウミガメを救出

タラン–

マイカオのビーチで漁網に引っかかったウミガメ2匹が外国人に救出された。

海洋沿岸資源局(DMCR)はプーケットエクスプレスに対し、木曜日(6月XNUMX日)にウィナイ・トラカンキット氏から通知を受けたと語った。th)立ち往生したカメの。

マイカオの海岸で漁網に引っかかった2匹のウミガメを外国人が発見した。海洋当局が到着したとき、彼らはタイマイから漁網を取り除く作業を手伝っていた。

カメのうちの31.5匹は健康で傷もなかったが、もう35匹のカメは衰弱しているように見えた。弱いカメは若いタイマイで、幅3.2センチ、長さXNUMXセンチ、体重XNUMXキロ。弱ったカメはシリーターン海洋絶滅危惧動物保護センターに運ばれた。

カメの支援に関わった外国人らは匿名を避け、自分たちの行動はカメと野生動物を助けるためであり、自分自身やオンラインやメディアでの信用を得るためではないと述べたという。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。