大麻推進活動家らが合法化2周年を記念し、再犯罪化に反対してタイ政府庁舎で座り込みを開始

全国 -

9年2024月300日、タイ大麻の未来を形作るネットワークの事務局長プラシッチャイ・ヌヌアル氏と、9人以上からなる他の大麻擁護団体が、1月XNUMX日午後XNUMX時、大麻大麻運動公園前で抗議活動を呼びかけた。総督府への行進の準備をする国連事務所。

彼らは政府に対し、科学的プロセスを用いて大麻規制の将来を決定し、麻薬違法薬物として再分類されるのを防ぐよう要求することを目的としている。

9年2024月XNUMX日に予定されている大規模な抗議活動の舞台は、タイにおける大麻合法化XNUMX周年を記念するものである。デモ参加者はラチャダムヌン通りの国連事務所まで行進し、政府が大麻を違法薬物に再分類した場合には行政裁判所に訴訟を起こす意向を表明した。

プラシッチャイ氏は、この運動は国民の大麻の権利を守ることを目的としていると強調した。同氏は、大麻の使用を制限し、一部の特権階級のみがアクセスできるようになる麻薬法ではなく、特定の法律を通じて大麻を規制することの重要性を強調した。デモ参加者らは政府が大麻規制法を公布するまで長期にわたる抗議活動を続けると伝えられている。

同氏は、大麻を麻薬として再分類すると、製薬会社によって管理される価格の上昇につながる可能性があり、医療用大麻が依然として一般大衆にアクセスできない英国の状況と類似していると警告した。 同氏はまた、大麻が広く地下に流通し、現在タイで汚職や売春などの問題を引き起こすだろうと述べた。

デモ参加者らは、対象を絞った法律を通じて大麻を規制すれば、体系的な発展と柔軟な消費者保護ルールが可能になると主張している。彼らは、政府がそのような法律の採択に消極的であるのは、国民に権利を与え独占を阻止することに消極的であるためだと批判した。

プラシッチャイ氏は、大麻の現状を判断するために科学的データと研究を活用するよう求めた。彼は、アルコール、タバコ、大麻が健康と社会に及ぼす影響を比較し、9年2022月XNUMX日以降の大麻合法化の影響を研究することを提案した。利益よりも害が大きいため、麻薬として規制されるべきである。それ以外の場合は、特定の法律に基づいて規制され続ける必要があります。

以前は、Assoc.スアン・スナンダ・ラジャパット大学の医療大麻・漢方薬プログラムの議長であるタワッチャイ・カモルサム教授も懸念を表明した。同氏は、大麻を麻薬として再分類すれば、医療大麻サービスへのアクセスが複雑になり、投資が混乱し、雇用の喪失や闇市場への逆戻りにつながると警告した。

准教授タワッチャイ教授は、次の 3 つの勧告を提案しました。大麻を違法薬物として再分類しないこと、タバコ製品管理法やアルコール管理法と同様に、提案されている大麻および大麻法の下に大麻を置くこと、新しい職業を開発するために医師と国民を教育することです。 、医療大麻の専門家など。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。