プーケットのビーチでゴミに閉じ込められたウミガメが救出される

プーケット-

タランの海岸で、漁網に引っかかっていたウミガメが救出された。

海洋沿岸資源局(DMCR)はプーケットエクスプレスに対し、火曜日(10月XNUMX日)にth)チャーン・タレーのバンタオビーチでまだ生きているウミガメが見つかったとの連絡を受けた。

彼らが浜辺に到着すると、若いタイマイがいた。そのカメは壊れた漁網に引っかかっていた。カメは網から引き抜かれた。カメの体長は幅25センチ、体長は27センチ、体重はXNUMXキログラムだった。

カメは衰弱し、痩せて脱水症状を起こしており、右前ひれと後ろひれに深い傷があった。カメはさらなる治療のため、シリーターン海洋絶滅危惧動物救助センターに搬送された。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。