タイ政府副報道官、大麻を麻薬として再分類することに警告、公衆への危害を指摘

全国 -

13年2024月5日、政府副報道官のカロム・ポンポンクラン氏は、タイで大麻を実質的に再犯罪化することになる大麻をタイプXNUMXの麻薬として再分類するというタイ保健大臣のソムサック・テープスティン氏の主張について公に警告した。

この決定は、特定のグループをなだめるためになされるべきではなく、交渉力のない一般大衆を広く考慮してなされるべきである。そうしなければ、広範囲にわたる危害と苦痛につながる可能性があるとカロム氏は述べた。
同氏は、大麻はかつてタイプ5の麻薬だったが、体系的な研究により医療用途でのメリットと経済的利点が明らかになったと指摘。麻薬リストから除外されて以来、医療目的や食品・飲料の原料として大麻関連の小規模ビジネスが数多く出現している。
カロム氏は、大麻を麻薬として再分類すると、大麻所持者が逮捕され起訴されることになり、経済的、法的負担が生じると警告した。同氏は、法務大臣を務めた現保健大臣に対し、大麻が非犯罪化される前に大麻所持で起訴された人数と、それ以降全体の件数がどのように減少したかの統計を提供するよう求めた。
さらに、タイ政府は、経済的、法的、医学的背景を考慮し、大麻の使用を規制する法律を可決することに重点を置くべきだ。カロム氏は、大麻を麻薬として再分類するのは不適切であり、ソムサック氏がこれらの要素を考慮せずに大麻を麻薬として再分類しようとしているのは奇妙だと強調した。
同日、コンケン大学の家庭医学医であるパタポン・カセトソンブーン准教授が、2021年から2023年までのタイの健康動向に関する統計を発表した。 保健省のデータによれば、医療訪問件数は26.7万件減少し、少なくとも19億バーツの節約となった。
2021~2022年の外来診療件数の年間平均を計算し、2023年の件数を差し引くと、26,672,454件の訪問と13,334,354人の患者が減少しました。入院治療は36,150件、8,091,897ベッド日減少しました。節約総額は19,384,119,956バーツに達しました。
パタポン准教授は、これらのコスト削減の数字は地域の病院のデータに基づいており、すべての病院レベルを考慮すれば実際の削減額はさらに高くなる可能性があると指摘した。
過去3年間の医療訪問の減少は、大麻が家庭での栽培と自己使用のために非犯罪化された時期と一致しており、この政策が患者数の減少に貢献した可能性があることを示唆している。

この潜在的な相関関係を探るためにはさらなる研究が推奨される、とパタポン准教授は述べた。

保健大臣によると、タイで大麻を再び違法化する提案に反対する法案に対する国民の大多数のフィードバックに関する最新の記事をお読みください。

この記事はもともと姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されたものです。

登録する
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。