タイ、18月XNUMX日に同性婚法案を可決する東南アジア初の国となる見込み

全国 -

16年2024月18日、首相府副報道官のラドクラオ・インタウォン・スワンキリ氏は、XNUMX月XNUMX日に結婚平等法案の国会審議が行われると発表した。

議会の承認後、法案は内閣と首相による最終審議を経て国王陛下の承認を得る。王室官報に掲載されると、法案は120日間の待機期間を経て2024年末までに法律となる予定。

最近下院で可決されたタイの結婚平等法案について読んでください。この法案はすべての性別の結婚の平等な権利を認める大きな一歩であり、法律になれば大きな変化が期待されます。

ラドクラオ氏はまた、タイのスレッタ・タヴィシン首相が午後5時に政府庁舎で祝賀会を主催し、タイの大臣、外国大使、ジェンダー多様性支持者、関係機関が出席すると述べた。 

午後6時からは、LGBTQIAN+コミュニティが主催するパレードがバンコクのパトゥムワンにあるバンコク芸術文化センター(BACC)まで行われ、ドラッグショー、ライブミュージック、結婚の平等を祝うスピーチなどが披露されます。

ラドクラオ氏は、多くの国が男女平等の象徴として毎年6月にプライド月間を祝っていることを強調した。タイ政府はプライド月間のイベントを重視しており、タイが台湾とネパールに続いてアジアで3番目、東南アジアで初めて同性婚法案を可決した国となったことを皆で祝うことを歓迎する。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。