プーケットのビーチでインド人4人とロシア人4人が救助される

カロン –

カロンビーチとパトンビーチで、遊泳禁止を示す赤旗を無視したインド人観光客4人とロシア人観光客4人が救助された。

緊急対応要員は火曜日(2月15日)午後18時XNUMX分にライフガードから通知を受けた。th)インド人観光客4人が波に揉まれた後、救助されたと報じた。

男性2人と女性2人の計3人はライフガードとジェットスキー操縦者によって水中から引き上げられ、うち3人が病院に搬送された。

一方、午後2時45分、パトンビーチでライフガードとジェットスキー操縦士がロシア人観光客XNUMX人を海から救出したとの連絡が緊急対応要員に届いた。カロンビーチとパトンビーチのライフガードによると、両ビーチには波が強いため遊泳禁止区域であることを警告する赤い旗が立てられているという。

下の写真のように、最近溺死事故が数件発生しています。

関連記事:

ロシア人男性がタランのビーチで溺死した。

月曜日(17月XNUMX日)、タランのビーチで外国人男性とタイ人女性の遺体が発見された。th).

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。