ライフガードがプーケットのビーチの有毒クラゲについて警告

プーケット-

プーケットのビーチのライフガードは土曜日(22月XNUMX日)に有毒なクラゲに注意するよう警告した。nd).

ムアン・プーケットのカロン・ビーチとタラン県チェン・タレーのバンタオ・ビーチのライフガードは今朝、最近のモンスーンシーズン中にポルトガルマンオブウォー・クラゲを多数発見したと報告した。

水泳中に刺された場合は、海水と酢(入手可能な場合)を使用して患部を洗浄し、触手を取り除くことができます。その後、痛みを和らげるために、患部を20分間お湯で覆う必要があります。

ライフガードらによると、刺される可能性を恐れる泳者は、クラゲの生息数が知られているビーチでは水に入らないようにすべきだという。 遊泳者はビーチの旗にも注意し、監視員の指示に従う必要があります。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。