50年ギャラップ世界世論調査でタイが若者の幸福度トップ2024カ国にランクイン

全国 -

25年2024月2024日、タイ政府報道官のチャイ・ワチャロン氏は、タイ国政府観光庁(TAT)が国連、オックスフォード大学、ギャラップと共同で実施したギャラップ世界世論調査の「世界幸福度レポートXNUMX:若者が幸せを見つけられるかもしれない国々」を発表したと発表した。

タイは50歳未満の個人では上位30カ国にランクされ、調査対象となった143カ国の中でこの栄誉を達成したわずかXNUMXカ国/経済のうちのXNUMXつです。 2021年から2023年にかけて実施された調査は、一人当たりGDP、社会的支援、出生時健康寿命、人生選択の自由、寛大さ、腐敗の認識という6つの主要な要素を評価しました。

タイは45歳以下のカテゴリーで30位となった。 オンライン旅行雑誌「トラベル・アンド・レジャー・アジア」は、台湾とタイの両国がトップ50入りしたことを強調した。 台湾は25位にランクされ、アジアの若者にとって最も幸せな経済として認められ、フレンドリーな地元の人々やLGBTQIA+コミュニティの繁栄が称賛された。

45位のタイは、アジアでXNUMX番目に幸福な国として注目された。ビザなし渡航や若者のライフスタイルに合わせたプログラムなど、観光客に優しい政策が評価され、若者はタイの活気ある文化や生活様式に浸ることができる。

タイのスレッタ・タヴィシン首相は、2024年の世界幸福度報告書におけるタイの順位に満足と感謝の意を表した。チャイ氏によると、首相は若い世代のニーズとライフスタイルを常に考慮し、現代と若者の願望に沿った政策を優先している。

さらに、 18年2024月XNUMX日、タイ上院は結婚平等法案を可決し、タイはASEANで初めて、アジアでXNUMX番目に同性婚を合法化する国となりました。 これは、タイが住民と観光客双方の生活の質を高める政策に取り組んでいることを示しています。このランキングは、政府の先進的な政策の成功を浮き彫りにしています」とチャイ氏は結論付けました。

この記事はもともと姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されたものです。

登録する
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。