サムイ島でウミガメが卵を産む

スラートターニー-

ウミガメの母親がスラタニ県サムイ島のビーチで卵を産んだ。

海洋沿岸資源局(DMCR)はプーケット・エクスプレスに対し、今週初め、サムイ島マレット地区トンニャンビーチでウミガメの母親の痕跡が見つかったとの連絡を受けたと語った。

彼らが浜辺に到着すると、タイマイの母親が卵を産んでいた。

DMCRはプーケットエクスプレスに対し、このカメには海洋局が発行したマイクロチップが埋め込まれていると語った。この母ガメは2012年に初めてマイクロチップが埋め込まれて以来、XNUMX番目の卵を産んでおり、それ以来追跡調査が行われており健康状態は良好だ。

巣の中にはウミガメの卵が未公開の個数入っていた。卵が孵化するまで巣は保護され監視されている。当局は赤ちゃんウミガメは約60日で孵化するだろうと述べた。

関連記事:

ウミガメの母親がスラタニ県サムイ島のビーチで卵を産んだ。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。