ピピ島でのブルーボトルクラゲ注意報

クラビ–

ハット・ノッパラット・タラム・コ・ピピ国立公園は、ピピ島とアオナンのバンブー島でアオボトルクラゲが発生する可能性があると警告した。

遊泳者3人が誤ってクラゲに触れて負傷した。彼らは遊覧船の運行者によって地元の病院に搬送された。遊泳者に注意を促すため、両島の海岸には緊急救助のアドバイスを記した警告標識が設置された。

泳いでいるときに刺されてしまった場合は、海水と酢があればそれを使って患部を洗い、触手を取り除くことができます。その後、患部を20分間お湯で覆って痛みを和らげてください。刺されるかもしれないと心配な泳ぎ手は、有毒なクラゲが生息していることが知られているビーチでは海に入るのを避けてください。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。