ジェットスキーの乗客がサムイ海に転落し行方不明に

写真: ワット・プライ・レーム救助隊

サムイ島、スラタニ –

18歳のジェットスキースタッフが、金曜日(28月XNUMX日)にサムイ島近くの海に転落する前に外国人客の後ろに座っていた後、行方不明になっている。th).

ボプット警察はプーケットエクスプレスに対し、ナコンシータマラート出身のタナティップ・ソムパエンさん(18歳)がチャウエンビーチ付近で行方不明になったとの通報を受けたと語った。同日深夜まで捜索が行われたが、発見には至らなかった。捜索は土曜日(29月XNUMX日)に再度開始された。th)は、ドローンによる海上捜索、海中のジェットスキー操縦者、海岸沿いを歩く救助隊員らとともに捜索活動を行ったが、未だ発見できていない。

身元不明のジェットスキー運転手は警察に対し、外国人男性がジェットスキーをレンタルしたと証言した。外国人男性がジェットスキーを運転し、後ろにはタナティップ氏が座っていた。ビーチから300メートルほどの地点でジェットスキーは波に衝突し、タナティップ氏は海に落ちた。外国人観光客はビーチまで運転して戻り、ジェットスキー運転手に事故について報告した。

警察はこの外国人観光客の身元を明らかにしておらず、捜査に協力しているとだけ述べた。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。