レストラン業界協会、さらなる閉店を防ぐためタイ首相に緊急経済刺激策を要請

全国 -

1年2024月XNUMX日、タイレストラン業界協会会長のソラテープ・ロジポットジャナルッチ氏は、タイのスレッタ・タヴィシン首相に書簡を提出し、レストランのさらなる閉鎖を防ぐため、経済刺激策を早急に検討するよう求めた。

多くのレストランが閉店したのは、タイ人の購買力の低下、生野菜などの原材料費の高騰、電気代の高騰など、現在の深刻な経済不況によるものだ。

2019年、COVID-19パンデミック以前、タイのレストラン事業の総収益は約420億バーツで、同国のGDPの7%を占めていた。それ以来、生産コストは約50%上昇し、MSG、乳製品、その他の主要原材料などの必須品目を含む原材料コストは20~30%上昇しているとソラテープ氏は述べた。

さらに、2024年にはレストラン事業部門は4~5%の成長が見込まれており、第XNUMX四半期の成長率は目標を達成している。しかし、XNUMX月以降は成長が停滞し、レストランの閉店が続いている。

例えば、有名なビュッフェレストランでは、第143四半期の利益がXNUMX億XNUMX万バーツ以上も急落したとソラテープ氏は述べた。小規模な屋台や中小レストランは、資金が限られているため生き残りに苦労している。

同協会は、さらなる被害を防ぐため、タイ政府に対し、経済を刺激し、屋台から中小レストランに至るまで飲食業界を支援する緊急措置を求めている。

提案されている緊急対策には以下が含まれます。

  1. 時代遅れの法律を改正する: 2 年以来施行されている、午後 5 時から午後 1972 時までのレストランでのアルコール飲料の販売を禁止する法律を改正します。
  2. 固定資産税の削減: 段階的に増加する固定資産税率を含む複数の税金をすでに負担しているレストラン事業の固定資産税を下げます。
  3. 支出刺激策を実施する:

– 中小企業向け: 個人は適切な領収書があれば経費として最大 20,000 バーツ、企業は最大 100,000 バーツまで税金を控除できます。

– 一般市民向け:デジタルウォレットアプリで、露店から中小レストランまで、食品の購入にのみ使用できる2,000バーツをXNUMXか月間XNUMX人あたり提供します。

協会は、これらの措置が切望されている救済策となり、この困難な時期を通じてレストラン業界を支えるのに役立つことを期待しているとソラテープ氏は述べた。

この記事はもともと姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されたものです。

登録する
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。