パトンの配車サービス運転手による不法侵入疑惑で捜査開始

パトン、プーケット-

25歳の女性客が、パトンの配車サービス運転手との不安な体験を報告した。

彼女の供述によると、彼女はプーケットタウンからパトンの自分の部屋までの乗り物を予約していた。目的地に到着すると、彼女は眠りについた。しかし、午前3時に目が覚めると、運転手が自分の部屋にいるのを発見したという。運転手は許可なく部屋に入り、彼女のベッドに横たわり、彼女の猫と遊んでいた。彼女は急いでベッドから出て、運転手は結局部屋を出て行った。

パトン警察が名前を公表しなかった30歳の男性運転手は、乗車中客がかなり酔っていたため、部屋まで運ぶのを手伝ったと主張している。運転手は客が部屋に到着した後、目を覚ますのを待ち、荷物を部屋まで運ぶのを手伝った。

彼は窃盗の疑いを避けるためにドアを開けたままにしていた。警察は法的措置の可能性も視野に入れて事件を捜査している。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。