サラシン橋付近で漁船が転覆、15人救助

プーケット-

金曜日の朝(5月XNUMX日)、サラシン・ブライド付近で漁船が転覆し、XNUMX人が救助された。th).

タイ王国海軍第三方面司令部は午前7時15分、タラーン県マイカオのサラシン橋からXNUMX海里の地点でこの事件の通報を受けた。

「チョーク・チョンラトーン1」号の漁船の船長は、船のエンジンとウォーターポンプが故障したと報告した。強風と波のせいで船内に水が浸入していた。

船が転覆し、船長を含む15人が海に浮かんで助けを待っていたが、別の漁船がXNUMX人全員を無事に救助した。

負傷者はいなかった。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。