サムイ島沖で大型で希少なニタリクジラが死ぬ

スラートターニー–

巨大で希少なニタリクジラがスラタニ県サムイ島沖で死んだ。

ムコ・アントン国立公園の職員はプーケット・エクスプレスに対し、先週末、サムイ島アントン地区のパルアイ島近くのソン湾の海岸近くで重傷を負ったクジラが見つかったと地元住民から通報を受けたと語った。

救助隊は国立公園区域外の現場に到着し、オスのニタリクジラを発見した。体長は9.8メートル、幅は2.8メートル。発見後すぐに死亡が確認された。死因を調べるため検死が行われた。

ニタリクジラは希少で、絶滅寸前の水生哺乳類です。ニタリクジラはタイの保護動物にも指定されています。ニタリクジラの存在は、海洋資源が豊富であることの指標でもあります。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。