主要空港と観光地を結ぶ新バス路線

プレスリリース:

国営バス運行会社トランスポート社は月曜日(8月XNUMX日)、タイ空港公社(AOT)が管理するXNUMXつの主要空港にバスサービスを導入すると発表した。今年末までに開始される予定の新路線は、スワンナプーム、ドンムアン、プーケットの各空港と各省間の目的地を結ぶものとなる。

トランスポート社のマネージングディレクター、アタウィット・ラクチャムルーン氏によると、今後運行されるバスサービスは主要都市や観光地を空港と直接結び、パタヤ、チャンタブリー、トラート、ナコンラチャシマ、フアヒンなどの場所へのアクセスを向上させるとのこと。旅行者はこれらの地域の中心地への行き来に便利な交通手段を利用できるようになる。

この路線網の拡大は、地方経済の活性化を目指す政府の目標に沿って、観光客の増加と各県の経済活動の活性化につながると期待されている。アタウィット氏は、AOTはこれらの路線網の有効性を測定するために、プーケット空港からパンガー県カオラックまでの定期便から始めることを推奨していると述べた。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。