タイは海外駐在員にとって世界で6番目に住みやすい国にランクイン

プレスリリース:

インターネーションズは、タイを海外駐在員にとって世界で12,500番目に良い国としてランク付けした年次報告書を発表し、前年からその地位を維持した。53月にXNUMX人以上の海外駐在員から回答を集めたこの調査では、生活の質、定住のしやすさ、海外での就労、個人財務、そして住宅、行政、言語、デジタル生活などの「海外駐在員に不可欠なもの」を含む複数の指標でXNUMXか国を評価している。

パナマは海外駐在員にとって最も人気の高い移住先としてランキングのトップに立っており、回答者の82%が、主に経済的利益、退職後の見通し、生活の質の向上により、パナマでの生活に高い満足度を示している。メキシコとインドネシアがそれに続き、それぞれ13位とXNUMX位にランクインしている。インドネシアは昨年のXNUMX位から躍進し、生活費の安さ、地元の人々の親切さ、仕事と生活のバランスの取れた環境が高く評価されている。

上位 6 か国はスペイン、コロンビア、タイです。対照的に、下位 10 か国には最下位のクウェート、トルコ、フィンランド、ドイツ、カナダ、ノルウェー、イタリア、マルタ、アイルランド、英国が含まれ、いずれも海外駐在員の体験を損なうさまざまな課題に直面しています。

このレポートは、世界中の海外駐在員の生活を包括的に調査し、彼らの幸福と海外生活の全体的な経験に影響を与えるさまざまな要素を調査しています。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。