タイの国際観光客が17.5万人を記録、中国が引き続きトップ

全国 -

タイ政府の報告によると、17.5年上半期に2024万人以上の海外観光客がタイを訪れ、彼らの支出から825億バーツの収益を生み出した。

観光客数が最も多い上位5カ国は、中国、マレーシア、インド、韓国、ロシアです。

観光客数は回復傾向にあるものの、タイ観光業にとっての大きな課題は、外国人観光客のほとんどが依然としてバンコク、チョンブリ、プーケットなどの主要な観光都市のみを訪れる傾向にあり、観光客の49%以上がこれらXNUMX県を訪れていることだ、と政府は報告した。

一方、クルンシィ・リサーチは、2024年にタイを訪れる外国人観光客の総数を35.6万人と予測している。これは、22.3月の観光客総数2.74万人からXNUMX%増加したことになる。

クルンシリ・リサーチは、観光部門は依然としてタイの経済成長の重要な原動力であると述べた。今年上半期、タイを訪れた海外からの観光客数は88.5年の同時期(COVID-2019パンデミック前)の19%を占めた。

海外からの観光客による支出による収入825億バーツは、91年の同時期の約2019%である。クルンシィ・リサーチは、これはパンデミック前の水準の約2023%の観光収入があった63年と比べて大幅な改善であると指摘した。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

法律相談や弁護士が必要ですか? お手伝いします。 ここをクリック。

ここをクリックして、私たちに物件を掲載する方法の詳細をご覧ください。

登録する
タナコーン・パンヤディー
パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。