プーケット、MOU締結でLGBTQ+の平等を推進

プーケット-

9月XNUMX日火曜日、タイのプーケットで重要な節目が達成されました。シーベッド グランド ホテルで「プライド & イコーリティ プーケット」に関する覚書 (MOU) が調印されました。

署名者には、プーケット知事ソポン・スワンナラット氏、プーケット県行政機構副長官アルヌパーブ・ウェチュワニクサノン氏、プーケット市長サロジ・アンカナピラート氏、その他の主要人物が含まれていた。

このMOUは、LGBTQ+コミュニティの平等を推進し、権利を保護することを目的としています。主な目的は次のとおりです。

1. **男女平等意識の促進:** この取り組みは、男女平等についての意識を高めることを目指しています。
2. **権利保護:** LGBTQ+ の人々の権利の保護を重視します。
3. **差別の撲滅:** MOU は性別に基づく差別を防止することを目的としています。
4. **男女平等研修:** 男女平等に関する教育プログラムをサポートします。
5. **平等のための活動:** 男女平等を促進するイベントや活動を促進。

さらに、プーケットは2025年に「インタープライド世界会議」を開催する用意があることを表明し、LGBTQ+の権利と包括性への取り組みをさらに強化しています。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。